「ジョジョの不思議な冒険」 思い入れキャラ10のスタンド

「ジョジョの不思議な冒険」を5年に一度くらいの割合で、最初から読み直している。と言っても、私の本棚には「ストーンオーシャン」シリーズまでしかないのだが、ジョジョ全80巻を、もう6回ほど読んでいることになる。

真っ当なファンなら何十周もしている方がいるだろうから自慢するつもりはない。ただ、読んでいるうちに、何人かの登場人物に妙な思い入れが生まれてくる。
そこで今日は「ジョジョの不思議な冒険 思い入れキャラ10のスタンド」を考え、選んでみた。

10 ディオ〈ザ・ワールド〉

マジで戦えば、やはり、こいつが一番強いのだろうか。それにしても、最初のシリーズから、よく生き長らえたという感じで、ジョジョの漫画全体の太い柱になっていた。よくがんばった。

9 オインゴ・ボインゴ兄弟〈トト神・クヌム神〉

オインゴは予知能力があるトト神のスタンド。兄は他人の姿へ自在に変身できるクヌム神。二人のキャラもいいけれど、オインゴが予知能力で描く漫画のタッチに感動した。とても味のある絵だった。

8 ギアッチョ〈ホワイト・アルバム〉

街を凍らせるスタンドで、やられキャラ的な雰囲気をかもしながらも、結構強敵だった。背景がイタリアの街(ヴェネツィア)のせいか、凍った風景がおしゃれな感じがした。

7 岸辺露伴〈ヘブンズ・ドアー〉

強いのか弱いのかわからないけど、憎めないよね。「記憶」を読めるなんて、作家先生ならではのスタンドだ。

6 鋼田一豊大〈スーパーフライ〉

鉄塔というシチュエーションで、スタンドを生み出す、という発想に感服。鉄塔って、文学的映画もしくは文学的小説のテーマっぽいけど、見事に描けていた。

5 イギー〈ザ・フール〉

この犬のニヒルさは、プロ野球の落合とか、「どかべん」の殿馬に通じるものがある。もしくは、小枯し紋次郎っていうか。ほんとは戦いたくなく、避けて通りたいんだけど、仕方なく戦って、最後は仲間のために、死んでいった。戦った相手のハヤブサのスタンド〈ペット・ショップ〉も、キャラ的には、グッド。

4 ジョルノ・ジョバァーナ〈ゴールド・エクスペリエンス〉

生命とか、自然とか、そーいうエコやライフの考えを、スタンドに取り入れたのは、エライ。主役級のキャラが持つスタンドの中で、彼のがいちばん好きです。

3 ウェザー・リポート〈ウェザー・リポート〉

気象を自由にあやつれるって、神様のようだよね。使い方によっては、地球の全人類を全滅させるだけの力をもっているけど、対個人の戦いとなると優れたスタンドには勝てないかな。

2 ブローノ・プチャラティ〈スティッキィ・フィンガーズ〉

おしゃれだよね。ファスナーをスタンドに取り入れた荒木の発想もすごいけど、プチャラティの性格も正義感(マフィア系のちんぴらに正義感というのもなんだけど)も清々しいよね。

1 吉良良影〈キラークイーン〉

なにがいいかって、吉良吉影という名前がいいよね。ふれるものを、爆弾にする能力も怖くて素敵だ。こいつに勝てるのは、幽霊と怨念しかないように思える。実際の漫画でも、幽霊と怨念が勝利した。

ところで、主役級と敵キャラを合わせてジョジョの歴代スタンド使いの中で、だれが一番強いのだろう。頭の中で戦わせたけど、答えが出なかった。

ディオの〈ザ・ワールド〉に限らず、類似のスタンドでも、「時を止める」能力が、やはり最強なのだろうか。そんなことを考えながら、夜眠りにつくのが楽しい今日この頃である。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


マサヤンの卵と王様 - にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の生活情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新情報をチェックしよう!