みんなカッコ良かった!音楽・芸能のグループベスト10

たった一人の強烈な個性によって光り輝くグループもいいけれど、「才能のある人が奇跡的に集まったグループ」や「ファンの人気が分散するグループ」の方が永久不滅感があって好きだ。そんな音楽・芸能のグループベスト10を私のテレビ史からピックアップして紹介する。

第10位 一世風靡セピア

柳葉敏郎、哀川翔・・・強面な男たちによる路上パフォーマンス、「前略、道の上より」はカッコ良かった。

第9位 はっぴいえんど

細野、大瀧、松本、鈴木。フォークのジャンルであったが、日本の音楽の夜明け感がハンパない。

第8位 ザ・スパイダース

堺正章、井上順、かまやつひろし、田辺昭知・・・「あの時君は若かった」「バン・バン・バン」は、名曲だ。

第7位 キャンディーズ

ランちゃん、ミキちゃん、スーちゃん。70年代アイドルの一時代を築いた。私の世代はピンクレディよりこちら。

第6位 ザ・ドリフターズ

いかりや、加藤、志村、仲本、高木、荒井。ドリフのコントは永遠に不滅だ。記憶に残る流行語も多く発信した。

第5位 SMAP

中居、木村、稲垣、草薙、香取、森。生涯、解散しないグループであると思っていた。

第4位 YMO

細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏。テクノポップの演奏も素晴らしいが、「君に胸キュン」の歌が好きだ。

第3位 PYG

沢田研二、萩原健一、岸部修三、井上堯之・・・夢のような組み合わせだった。楽曲も新しかった。

第2位 ハナ肇とクレイジーキャッツ

ハナ肇、植木等、谷啓・・・最強の音楽(演奏)と笑いとコント。これがエンターテインメントだ

第1位  ザ・フォーク・クルセダーズ

加藤和彦、北山修、はしだのりひこ。愛・平和・優しさ・型やぶり・・・こういう感じの人たちがなぜ現代に現れないのだろう。時代が違うって言ってしまえばそれまでだが、時代をぶっこわす新しいグループが出てこないと、世の中、面白くない。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

マサヤンの卵と王様 - にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の生活情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新情報をチェックしよう!