• 2020年6月24日
  • 2020年6月24日
  • 0件

ビヨーンズの「眼鏡の男の子」に僕らは何を見たのか~フィンガー5と共に生きたあの頃~

坂本勝雄は、老い先短い人生に希望を見た。 2018年、ハロプロから演技やパフォーマンスをメインとしたグループを立ち上げるという詳細発表があった。 そこに名前があったのが、当時研修生であった一岡伶奈、高瀬くるみ、清野桃々姫である。 ①一岡伶奈がリーダーを務める新グループ ハロー!プロジェクトが目指す「歌・ダンスの質の向上」に加え、多種にわたる「身体表現」へのアプローチを通して、「パフォーマンス集団」 […]

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月24日
  • 0件

カバーはハロプロ沼への招待状

坂本勝雄は、沼に落っこちた。その一連の出来事を語る。 スマイレージの残像を払いのけ、アンジュルムに励まされ人生を歩んでいた坂本勝雄は、2015年に結成されたこぶしファクトリーにハマり、程なくしてつばきファクトリー、モーニング娘。、Juice=Juice、ハロプロ研修生、ビヨーンズへと沼に沈んでいった。まさに現在進行形でも沈んでいっている最中だ。 それを助長させたのはハロプロ内でのカバーであった。 […]

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月24日
  • 0件

「コツを掴んだ」後の人間の成長速度は驚異的に速い~アンジュルム笠原桃奈の覚醒に見る松下幸之助の言葉~後編

坂本勝雄は、昔ふわっと読んだ松下幸之助の言葉を思い出していた―。 経営のコツここなりと気づいた価値は百万両 経営者として成功するには、それに加えて「経営のコツをつかんでいなければならない」と、松下幸之助はいう。では、その“コツ”はどうすればつかめるのか。  「一つひとつの仕事に一生懸命取り組みつつ、素直な心で反省する。日々それを繰り返していくうちに、だんだん間違いのない仕事ができるようになっていく […]

  • 2020年6月24日
  • 2020年6月24日
  • 0件

「コツを掴んだ」後の人間の成長速度は驚異的に速い~アンジュルム笠原桃奈の覚醒に見る松下幸之助の言葉~前編

坂本正男は、度肝を抜かれた。 アンジュルム笠原桃奈、かっさーの突然の覚醒にであった。 かっさーがアンジュルムに加入したのは2016年7月。デビューシングルは上記の「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」である。 坂本正男が言うには、2017年6月にセンターとして歌った「魔女っ子メグちゃん」まではまだあどけなさがあったのだと振り返る。 加入当 […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月23日
  • 0件

Juice=JuiceのSEXY SEXYに戦々恐々

坂本正男は、つんく♂さんにひれ伏した。 それまで、正直に言うとピコピコポコポコする系の楽曲はいまいちピンと来ていなかったと白状した坂本正男であったが、その状況を一変させたのが、 Juice=JuiceのSEXY SEXYなのである。 カントリーガールズとの兼任が発表された梁川奈々美ことやなみんの加入後初のセンター曲であるが、 イントロがなんだか素晴らしい。 誰もが見たことのあるような […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月23日
  • 0件

完成されたものは滅びるのも早い~ハロプロに見るツァイガルニックの宿命~後編

スマイレージ、Juice=Juiceについて話してきたが、 1年の内3人も脱退、卒業する、という前代未聞な事態が発生し5人となったこぶしファクトリーも忘れてはならない。 こぶしファクトリーも5人となってから完成形へと成長する速度が異様に早く、あっという間に解散してしまった。 なぜここまで「完成形」とされてきたものに坂本正男の人生は狂わされているのか。 そこにツァイガルニック効果という現象を思い出し […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月24日
  • 0件

完成されたものは滅びるのも早い~ハロプロに見るツァイガルニックの宿命~中編

坂本勝雄は恐れをなしていた。 Juice=Juiceのデビュー曲「ロマンスの途中」に、なぜか在りし日のスマイレージを彷彿とさせたからだ。 完成、されている。 坂本勝雄は、再びスマイレージのように間もなくして滅びゆくのではないか、と不安が頭をよぎった。 そんな光景を再び目の当たりにし、切なさで胸が張り裂けそうになりながらネット上を彷徨い徘徊する亡霊には二度となりたくはなかったのだ。 ちょうどスマイレ […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月24日
  • 0件

完成されたものは滅びるのも早い~ハロプロに見るツァイガルニックの宿命~前編

スマイレージというハロプロを代表する伝説の4人組アイドルがいた。 坂本勝雄が出会ったのは今から10年前、2010年のことである。 「スキちゃん」のMVと出会いメジャーデビュー曲「夢見る15歳」に行きついたのだ。 個々の持ち味を存分に活かしつつ、一切の過不足がない完成されたバランス。アイドルグループとしてその完成度は圧倒的。 難しい楽曲でも難なく歌いこなせるのは、かにょんとさきちぃがいるから。 可愛 […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月24日
  • 0件

ハロプロのミステイクを回避せよ

2010年、スマイレージ「スキちゃん」にドはまりし、10年かけて着々とハロプロ沼の底まで沈みこんできた坂本勝雄であるが、 彼が最近やたらと口にすることがある。 「ハロプロ研修生ユニットをデビューさせないなんぞそれこそミステイク極まりない。」 まるで今世に残したい最後の言葉のように度々口にしているのでご紹介したいと思う。 美少女軍団の登場である。 米村姫良々ちゃん(光解き放ちまくりおさげ髪の女の子) […]